ピアノ|演奏者部門|いちごの歌劇

上演作品によっては主役または準主役として、物語の中で演奏をする機会もあります。このためだけではありませんが、歌・ダンス・演技も学びますので面白そうだなと挑戦できる方のみ受け付けております。

何が起こるか分からないライブ・パフォーマンスでは、演奏が途切れる事のないように、ステージ上の演技に対応する能力が求められます。稽古時のダンスや合唱などの伴奏で、対応と調和を身につけます。

作品によっては奏者(パートによる)が舞台に立ち、ストーリー上とても重要な役を担うこともあります。詳しくは「演技にも「言葉のリズム」という音楽表現がある」をご覧ください。

求めるスキル

年齢等の応募資格は募集要項を参照すること。

【あると望ましいスキル】

ピアノ:一次審査の課題曲について2015(夏)版

一次審査は課題1を提出、応募多数の場合は二次審査の前に追加審査(課題2)を行いますので、一次審査通過メールの案内に従ってください。

課題 1(一次審査)

課題 2(追加審査、二次審査)

下記のソナタより任意の1曲(演奏箇所は、第1楽章または終楽章)を選択する。

注意事項

一次審査(書類&録音)と提出方法について

演奏者部門に応募される方は、録音または動画ファイルを提出していただきます。各パートとも課題1の中から任意の1曲を選び、応募フォーム(添付する欄があります)と一緒に提出すること。

録音審査

注意事項

ニ次審査について

二次審査は、実演審査またはワークショップ形式による審査のどちらかを行う予定です。詳細は二次審査の連絡を参照すること。

以下は一例

更新日:2015-05-31