ダンス部門|うっとりため息が出るような夢の世界へ誘う

いちごの舞台は女性だけで創り出される美の空間、コンセプトは「かわいい」を散りばめること。この舞台を目指し、これまでに培ってきた基礎技能、表現能力、リズム感、柔軟性等を余すことなく活かす。

舞踊劇、歌劇、ミュージカル上演に向け、まずは小さな舞台からスタートです。いちごを一粒食べてもらう所から始めよう。

「いちごタルト」「いちご大福」「いちごショートケーキ」等など、たくさんの舞台バリエーションを味わってみたくなる、誰かを誘ってみたくなる、お菓子食って笑いたくなる。日々芸を磨き、創りあげていくダンサーを募集します。

活動予定

【ミュージカル】

小さな小さな舞台が始まりです。決して大きな劇場で上演することが目標ではない。様々なサイズの舞台(時にはテント)で、観客を魅了する。

【お座敷舞】

埃をたてぬ様に、静かな舞に「かわいい」を忍ばせ、動きの中に女性らしさがにじみ出る、色気を見せず心模様を魅せるような舞を目指す。病院や在宅療養中の方にも披露できるような舞を模索中。

【舞踊作品集「日本の美」】

日本の美「小千谷の錦鯉」「佐渡ヶ島の朱鷺」「庄内金魚」等を、新たな価値創造で表現。

募集要項の抜粋

ダンス部門では、容姿端麗で身体表現を主として舞台に立ちたいと頑張れる方を募集。

研究生の募集は、即戦力を求めていますのでバレエ(クラシック、モダン)、ジャズダンス、創作ダンス等の経験がある方、またはチアリーディング、新体操、体操、バトントワリング等の表現をするスポーツ経験がある者。

予科は即戦力には満たないが素養のある方、まだ体が出来上がっていない方が対象。

【応募に際して】

写真二枚と一緒に動画を提出すること。技能のPRは撮影時間1~3分以内(音声のみでも可)、自己紹介不要。PCのフリーソフトで不要な場面をカットしてもよいが、編集せずに撮って出し(撮影開始時と終了時の様子が映っている)でも問題ありません。

合格後の流れ

合格後は仮所属をして、いちごの舞台人としてのレッスン、それから舞台を目指して所内オーディションに臨みます。遠方在住者は課題動画を提出と来るべき合宿レッスンに備えます。受身の姿勢でレッスンに臨むのではなく、主体的に学び自己研鑚に努めることを望みます。

ダンサー部門 Q&A

※問い合わせをいただいても、原則として一人ひとりに返信をしておりません。ただし、※印については応じることが出来ます。(ある程度の時間を頂きます)

【コンクール入賞歴】

コンクールの入賞歴についてですが、重要度で言えば"参考程度"です。選考では、骨格や筋肉を含めたプロポーション。実技では、どう表現できるか?所作から伝わる女性らしさ等、土台となる基礎がしっかり身についているかを見ます。

【コンプレックス】

背が低いとか、プロポーションが良くないとか、体型で外国人や綺麗な人の骨格とくらべても仕方がない。あなたが何を表現したいのか?あなただけしか出来ない表現をする。そのためには、ダンスのDVDを見るだけではなく、美術館で作品に触れ感性を磨いたり、図書館で様々な学問を読み教養を深めることも大切だったりします。

【外国籍の方について】

日本語が理解できること、在留資格が取得できること。